超簡単!便秘解消には1分のマッサージとあのヨーグルトだった!

超簡単!便秘解消には1分のマッサージとあのヨーグルトだった!

便秘や下痢にお悩みではないですか?女性を中心にお悩みの多い便秘。週末に下剤で一気に出すなんて人はいませんか?

なんと、便秘の原因は日本人の8割が腸がねじれていると言われる、ねじれ腸だったのです。すご腕の専門外来SPにて説明されていた、そのねじれ腸についてや、腸の環境を良くすることによってインフルエンザやがん予防までできてしまうことがためになったのでまとめてみました!

 

ねじれ腸とは

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

講師は、久里浜医療選センター便秘外来の水上健先生です。3ヶ月先まで初診がとれないエキスパートの先生です。番組では、3人の慢性的に便秘にお悩みの女性を取り上げていました。

●13歳からお腹が張ってきたなと思うと下剤を飲んだりしていて腹痛で救急車に運ばれたこともある。

●下剤を飲まないと1週間近くは排便しない状態。

●1週間に1回しか排便しないのでひどいと病院に行ったりする。

と、かなりつらい状態ですよね。

先生は、この慢性的な便秘患者さんにお腹を触診する前に、レントゲンを撮って腸を見せていました。正常な腸と比べて高さや場所が違う写真。これがねじれ腸と言って、日本人の8割が遺伝的な要因で腸がねじれているんだそうです。

腸が正常な形であれば、便はスムーズに流れるのですが、腸がねじれていることにより、便が通りにくく痛みが伴うことが多いようです。狭いところに便が渋滞を起こすことで便秘になっていました。

腸の中に便が溜まり、その部分が広がってきて痛みが伴うのが特徴で、便が同じ場所でつまるため重みで腸壁が伸び、腸の長さが通常の3倍まで伸びてしまう人もいるみたいです。

便を出そうとしても、ねじれていて出ないので痛みが伴い、便秘がちでお腹が痛くなる人は要注意!ねじれ腸の可能性があります。

番組での患者さんはこのような状態でした。

S状結腸のねじれ

正常な腸に比べて下のほうにあるねじれで、腸がねじれていることで便が通りにくく痛みが伴うもの。

落下腸

腸全体が落ちてしまい、立ち上がったときに腸が固定しておらず、全体的に骨盤の方へぽとんと落ち込んでしまった状態。ねじれまくっていて内視鏡も通常の倍の時間をかけて見ている状態。

 

 こんな状態があることを知らなかったです

 

下剤を使うかたへの注意

そもそも下剤は便秘の原因を全然解決していないそうで、使いすぎはリスクが大きいようです。長いこと使うと腸の神経がやられて本当に腸が動かない便秘になってしまうということ。

ではどうすればいいの?ってとこですよね

治療・改善方法は?

お家で1分間のマッサージをするだけで8〜9割のひとが解消するマッサージをやっていました。

方法は、

朝ごはんを食べる前の、朝起き上がる前が効率的で、

ベッドで膝を立て、 仰向け状態で恥骨のあたりを両手で揺らすようなかんじでサワサワする。

 

これだけです。このマッサージは、お腹が痛くなるタイプの方には必ず効果があるそうですよ!!

ねじれ腸は治すというよりうまく付き合うということが大切で、実際にお医者さんでレントゲンを撮ってもらったりして、ねじれ腸を見たり、認識することが治療になるようですのでぜひお悩みのかたは行ってみてくださいね。

そしてスポーツマンには、便秘があまりいないそうです。運動をしていれば改善する場合も多いようですよ。

 

腸が弱るとアレも弱る

私たちの身体には免疫という病気と闘う力がありますが、腸内環境が悪くなると免疫が落ちると言われています。それだけ、腸内環境は大事なんですね。そして様々ながんになると言われています。

女性のがん死亡率

1位 大腸がん 2位 肺がん 3位 胃がん

 

男性のがん死亡率

1位 大腸がん 2位 胃がん 3位 前立腺がん

私たちの身体には1日数千個のがん細胞ができていて、がん細胞をひとつひとつ駆逐しているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)なんです。

NK細胞が弱ってしまうがん細胞が増えてしまい、NK細胞は20歳が動きの活発がピークで下り坂を迎えてしまいます。

特にこういうことでNK細胞の活性が落ちてしまうので注意が必要です。

過度の運動・・運動をしている間は上がり、止めた瞬間にガクッと下がるため、ハードなトレーニングをする人こそが普通の人より風邪をひきやすい。

 

過度なストレス・・ 受験勉強、満員電車、上司から残業を強いられるなど受け身なストレス。

などで下がってしまうそうなんです。では、がんや病気予防のためにできること!を次にご紹介したいと思います。

 

何をしたら活性が上がる?

238434

とにかく大声で笑うこと!

愛想笑いや口角を上げるなどは効果がなく、無理やりではなく心から笑うことが大事です。

ドヤ顔が一番NK活性を上げる! 

達成感のあるときのドヤ顔をしているときはNK活性は上がっているようです。

飲み物

適度なお酒も良いようです。ワインだとグラス2杯 (200ml) ビールだと大瓶1本で飲みすぎるとNK活性は下がります。

食べもの

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

きのこや納豆も良いようなのですが、食べきれない量が必要なので、ヨーグルトだと1日1個で良いそうです。中でも1073 R-1。

R-1乳酸菌

がいいようです!

以前は飲んでいましたが、ダイエット目的ではあまり合わないかも?!とやめていたのですがやはり良いようですので、また飲みたくなりました。。

 

ひねり王子と言われている体操オリンピック選手もR-1を毎日飲んでいると、体調のいい状態で練習に臨めたし、風邪も1年以上ひいてないそうです。

高齢者にもR-1乳酸菌含んだヨーグルト普通のヨーグルトを毎日飲んでもらったところ、唾液中に含まれているIgAという免疫の抗体インフルエンザとくっつきやすい抗体)がかなり増えたというデータが出ていました。

1900人の小中学生にも給食後に1本継続的に飲ませた結果、インフルエンザ感染率がかなり減ったデータも出ていました。

 さいごにもういっちょ!

R-1乳酸菌を含んだヨーグルトは、腸を中心とした体の免疫系だけではなく、ウイルスや細菌が入ってくる最前線の部位なので、口腔での免疫力も高めるという働きもあるんじゃないかという研究もあるようです。

 

まとめ

便秘には運動が良いですが、過度な運動はNK細胞の活性を落とすので適度に運動が体には良さそうですね。私も適度な運動を心がけて、そしてインフルエンザやがん予防や腸内環境をよくするために今日から早速R-1生活を始めたいと思います♪

デザートのように食後にとるのがいいみたいですよ〜⭐︎

継続的に摂取が良いようなので、たくさんストックしておこうってかたはこちらをどうぞ⭐︎

 

 

 

 

 

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • 最近のコメント
  • コメントの多い記事
  • Category
  • Tag Cloud