二日酔いにしじみは効果なし?!お酒を飲んで後悔するかたへの美容法

二日酔いにしじみは効果なし?!お酒を飲んで後悔するかたへの美容法

 

1、2杯のお酒は心をほぐしたり、体にも酒は百薬の長と言われるような健康法になっていますが、飲みすぎると体へ負担がかかり、次の日になにかと後悔してしまうこともありますよね。そんな方にお届けしたい飲んだことをなかったことにする美容法やお酒を飲むときに注意することをご紹介します。

 

飲みすぎることで起こる体の反応

アルコールを分解する際にできる有害物質、アセトアルデヒドを代謝しきれず残ることでの肝臓への負担かかり、また、胃腸の粘膜をアルコールが刺激することにより、頭痛・胃腸のむかつき・だるさ・下痢・筋肉痛などが起こると言われています。美容の面で言うと、アルコールを摂取することでお肌に必要な水分とお肌をきれいに保つために必要な酵素を奪っていきます。

 

ですが、お酒を楽しく飲むことにもいいことはあります!

・ストレス解消

・血行がよくなる

・食欲がでる

・コミュニケーションが円滑になる

・栄養のあるお酒もある

 

ここで、楽しく飲むためにできるちょっとした工夫をご紹介します。

 

飲むときにできる対策

空腹で飲まない

牛乳や、お肉などのタンパク質オイルがたっぷりとかかったサラダなどの脂質をとってから飲むと悪酔いはしにくくなるようです。後にも書きますがウコンも飲む前にとると良いようです。

水とお酒を交互に飲む

手軽に酔いにくい方法です。お酒を1杯飲んだらお水を1杯というように交互に飲んでいくと良いようです。

 

それでも飲みすぎてしまったら・・・

 

こんなものが効きます

水分を多く飲む

お水やポカリスエットなどのスポーツドリンクもたくさん飲み、乾燥した体にたくさんの水分を与えることで回復が早くなります。

お茶やコーヒーのカフェイン

血管の収れん作用があるので頭痛を和らげることができます。

しじみを摂る

オルニチン・アラニン・グルタミンといったアミノ酸成分が、お酒を飲んでいるときの体を助けてくれます。
髪・皮膚・爪などの細胞を再生してくれるB2や、赤いビタミンと呼ばれている身体の代謝を促すB12が豊富に含まれていたり、カルシウムと鉄、亜鉛や銅、またエネルギー源となるお酒を飲んだ次の日にも大切な役割をしてくれるグリコーゲンも入っています。
美容については、老化の原因である活性酸素の害から体を守る働きがあるビタミンEやカロチンも入っているのですごく優秀な食材なのです。

しじみの味噌汁・しじみカプセル

個人的には二日酔いの後にしじみ汁を飲むと胃腸がじんわり熱く温まり、心地よさを感じます。

お酒を飲んだ時は、しじみカプセルを最近飲み始めたのですが、飲みすぎてしまったときにはしじみカプセルを4、5個飲むと効き目があると実感できたのでオススメです。

しじみと検索すると効果なし!と出ることがあったのですが、私には効果あり!です!

フルーツやタンパク質などビタミンを摂る

トマト

トマトの水溶性成分が、アルコールの代謝に影響していることが分かった。具体的には、水溶性成分が肝臓にあるアルコール分解酵素の活性を高めたり、アルコールの代謝の過程で重要な役割を果たしているピルビン酸の血中濃度を高める働きをしている。- http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35697?page=3

飲む前にトマトを食べる、トマトを使ったレッドアイなどのお酒を飲む。トマトのサラダや野菜のディップなどをつまみに飲むことも二日酔いの軽減になりそうです。

グレープフルーツとはちみつ

グレープフルーツの果汁に含まれている「イノシトール」には、肝臓の負担を軽減する作用があり、別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。肝臓の負担が軽減されることで肝機能の向上につながり、アルコールのスムーズな分解に役立つと考えられます。東洋医学的な面でも、グレープフルーツは気のめぐりをよくして胃の機能を回復する「行気和胃」の作用や、アルコールの分解を促進して二日酔いを解消する「解毒作用」があると考えられています。グレープフルーツに含まれる「クエン酸」には、肝機能を高める働きに加え、胃腸の粘膜を保護する働きがあります。そのため、胃腸から吸収されるアルコールの刺激を和らげ、二日酔いを防止するとされています。-スキンケア大学

また、はちみつにもグレープフルーツと同じフルクトースや果糖がはいっているので二日酔いに効果があります。

私は、お酒を飲みすぎた次の日にはグレープフルーツ丸ごと1つと氷をミキサーにかけて飲んでいます。氷が入っているとスッキリと、とても美味しく感じるので是非試してみてください。ビタミンCが摂れることも嬉しいですね。

タンニンがアルコールの分解を早めてくれます。飲酒前にも食べておくと二日酔い予防にいいようです。

ウコン

漢方の生薬で、カレーのスパイスのターメリックやたくわんの黄色の着色もウコンになります。錠剤や顆粒、ドリンクタイプと色々出ていますのでお酒を飲む前、飲んだ後にも使ってみてはいかがでしょうか。

肝臓を労われる食べ物

ごま・大豆製品・牡蠣・大根おろし・アボカドは抗酸化作用があるので美容にも肝臓にも良いとされています。

胃腸薬を飲む

胃のムカつき、整腸剤、お肌に良いシステインが入ったものなど目的に応じて飲むことも辛さが軽減されます。

睡眠・安静にする

動かず、安静にしていれば時間が解決してくれるでしょう。

 

お酒を飲んだあとに欲してしまうアレについて。

ce1611f777ceeaf4fd6a9552f7ff65e1_s

お酒を飲んだあとにラーメンを食べたくなってしまうというのもよく聞く話です。
実は、鶏がらや豚骨でとったラーメンのスープには、お酒を分解する酵素の働きを助けるイノシン酸というアミノ酸が豊富に含まれています。

– http://bihada-mania.jp/blog/7721

体が欲してしまうのにも訳があったのですね。

 

いかがでしたか?

飲んだ次の日に頭痛や胃腸のもたれ、吐き気、だるさに悩まされているかた、予防と対策で早くリセットできるような方法をご紹介しました。一般的に飲み過ぎは美容に悪いですが、飲むことにもいいことがあるので飲む間隔を空けるなどして体を労って楽しいお酒にしましょう。

 

 

記事が良ければシェアをお願いします。

 

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • 最近のコメント
  • コメントの多い記事
  • Category
  • Tag Cloud